FC2ブログ

秋に大事な体つくり

関西地方にきた台風が大きな爪痕を残し去ったと思ったら
次の日は北海道での大きな地震。

現在、困難な状況にいらっしゃる皆様に、心よりお見舞い申し上げます。



関西地方は今週末から秋雨シーズンの到来です。
数日間は長い雨が続きます。

暑さが少し和らいだ…と思っても
なかなかお外に行けない日が続きますね。


今年の夏の異常な暑さで、
運動不足気味の愛犬も多いと思います。

雨がやんで、天気が良くなれば
徐々に散歩の時間を増やしたり、ハイキングに行ってみたり・・・
秋を一緒に楽しみつつ、筋力をつけることを意識してあげてください。

筋力がつくと体温もあがり、体温があがることで免疫力も高まります。
これからまた寒くなり体力が落ちる季節になるまえに
「筋力」をつけることはとても大事です。

そして、
その「筋力の素」は「たんぱく質」です。

しっかりたんぱく質をとって、頑丈な体を作りましょう!

Schecker ( シェイカー )の PUR シリーズは100%お肉なので
良質なたんぱく質をそのままとることができます。
種類も10種類と豊富なので、きっと大好きなひとつが見つかるはずです。

総合栄養食なので主食にはもちろん、
間食、副食、おやつにもおすすめです。
たくさん動いた~という日は、筋肉の増強と修復に必要となるので
多めにあげてください。

ドイツ シェイカー社が自信を持ってお薦めする最高の缶詰


体の構造にあった生物学的に適正な食事とは

「プレミアムフード」をあげているのに
食いつき、下痢、毛艶やフケなどに悩みを持つ方は多いです。


その悩みは体の構造に注目したフードにすると解決することがあります。


犬は雑食と言われますが
昔から今も、野生の時から構造は変わっていません。


鋭い歯、短い消化器官
人間と比べてはるかに強い酸性の胃酸
狩りをして生の野生動物を食べるようにできています。

この体の構造と、
犬の祖先である野生の狼の食餌をベースに、
生肉、内臓、骨(粉末)、野菜やフルーツを
バランスよく配合して作られたフードが、
Barf(生物学的に適正な生食)です。


Barfのメリットとしては…
・消化に優れている
・天然の栄養が壊れず残っている
・慢性的な嘔吐や下痢などの消化器系疾患の改善
・皮膚や毛艶の改善
・添加物や穀物などのアレルギーの原因となりやすいものがない
・歯にいい(歯石になりにくい)
・おいしい!

などなど。

デメリットは
・手間がかかる(冷凍・解凍)
・保管場所を多くとる
・高い!


ドイツでもBarf食にする飼い主は増加傾向で
ドイツの全ての飼い犬の約6~10%が生食、
あるいは調理した手作り食を与えられています。


体の構造にあった生物学的に適正な食事にすることで
犬自身の健康や毛質の輝きにもはっきりと効果があらわれます。


カークスではBarfの取扱いはありませんが・・・
Barfの概念にも当てはまる、ドイツ SchckerのPUR缶があります。

胃や心臓、肝臓、肺、骨粉に至るまで、
専門の獣医研究所で細かく計算しバランス良く配合した
肉のみを100%使用した天然総合栄養食

生肉の取り扱いや保存にあたふたする面倒もありません。
ずっと健康で丈夫であるために必要なものが全て詰まった缶詰となります。

Scheckerが自信を持ってお薦めする最高の缶詰


夏を笑顔で乗り切るために、毎日の食事から

犬は玉粒の汗を流すことはありません。
しかしまったくかかないわけでもありません。

夏は代謝もあがり、発汗や「ハァハァ」での体温調節で体は大忙し。
この働きにはタンパク質が必要です。

摂取したタンパク質は一度分解され、
血液によって運ばれ、体内の必要な場所で再合成されます。
皮膚・被毛・筋肉・臓器・・・
体のありとあらゆるところを構成するタンパク質は、日々作り変えられ
古いものは分解され体外へと排出
新しく合成されたタンパク質と入れ替わっていきます。

代謝があがる夏は、さらにタンパク質が必要となります。

タンパク質が不足すると体温調節や体全体の機能が低下し、
病原体から身を守ってくれる免疫力も低下します。


タンパク質が不足しているかは、目ではわかりません。
ですがタンパク質は体を作り・守る何よりも大切なもの。


夏を笑顔で乗り切るために、毎日の食事からお肉かお魚はあげたいものです。


スタミナがつく、お肉100%
シェイカー PUR 缶詰

夏はどうしても散歩が短くなってしまうので
高タンパク、低カロリー、低脂肪の
「馬肉」や「七面鳥」、「ウサギ」が特におすすめです。



世界の飼い主が選ぶスタンダードフード 『生食』

私が初めて「生食」というものがあると知ったのは、
ドイツのペットショップでのこと。

いろんな種類のフードが並んだ棚の奥に大きい冷凍庫があり
そこに肉のかたまりがドーン!と。
犬に生のお肉をあげるのかと、びっくりしたものです。


加熱して食べるのは人間だけで、ほかの動物は生のまま食べます。
もちろんオオカミを祖先にもつ愛犬も、本来の食性を考えると生食。

しかし、だからといってスーパーで生肉を買って与えるのは
衛生管理や栄養バランスなど、ハードルが高い


K9ナチュラルは、警察犬のハンドラーが、
「最愛のパートナーである犬たちに、恩返しはできないか」
という想いで食事を見直したことが原点です。
近所の肉屋で生肉を分けてもらい、それをあげた所、
食いつきが全く違う犬たちの様子と、数日後、体に現れた毛艶や元気さを
目の当たりにし生肉を使ったフードの商品化に着手しました。

生の持つ栄養素を壊さず、そのまま与えるために、加工の際の調理熱が45℃以上に
上がらない様にする「非加熱フリーズドライ製法」で丁寧に製造。
この製法により生の原材料に含まれる栄養素をそのまま残し、さらに、
その栄養の吸収を促す、重要な酵素・乳酸菌などをそのまま生かすことが可能なのです。


肉や野菜など食材に含まれる吸収の良い天然の栄養素が、
体の隅々までしっかりと運ばれるようになれば、
自身が持つ本来の免疫力で病気にならない・負けない体になります。


人間都合の「エサ」ではなく、本来食べていた「食事」を





▼ K9ナチュラル 詳細はこちら
本当のナチュラルフード K9 ナチュラル

カンガルーの持つ力

日本ではあまりなじみのない「カンガルー肉」

カンガルーが人口の三倍いるといわれるオーストラリアでは
スーパーでふつうに売っています。

カンガルー肉の魅力はなんといっても
赤身の高たんぱく、低脂肪、低コレステロールという夢のようなお肉であること

非常に少ない脂肪の約40%が多価不飽和脂肪酸で構成されており、
特に「共役リノール酸」という不飽和脂肪酸はさまざまな肉の中でトップの含有量!
共役リノール酸は脂肪の燃焼と分解するダイエット効果が期待できます。
高たんぱくでしっかりと筋肉はつけることができるのに、余分な脂肪は落とせる
アスリートに特に注目されているお肉です

シェイカーのカンガルー缶は100%カンガルーのお肉を使い
必須ミネラル、ビタミンを配合した 総合栄養食 です
酸化防止剤、香料、糖類、大豆、調味料、着色料は一切使用しておりません。


毎日の食事に「今日はなんだろな?」の喜びを


シェイカー 100%ピュアなカンガルー缶 詳細はコチラ




Profile

DOG CLUB CACUS
DOG CLUB CACUS


DOG CLUB CACUS
MISSING LINK JAPAN


DOG CLUB CACUS
ドイツからのお便り

Search form
Category
Month